自分なりの美容法を取り入れて

乾燥肌なので保湿重視の基礎化粧品を使用っしていますがより化粧品の成分が肌に浸透するように自分なりの美容法も取り入れながら毎日スキンケアを行っています。
基礎化粧品を肌に乗せるときは丁寧に行うことと全ての化粧品を手で温めてから肌に浸透さするようにしています。
手で温めてから肌に乗せるだけで基礎化粧品の成分が肌の奥まで浸透しやすくなるので必ずスキンケアの時には行うようにしています。
時間があるときはお風呂の中で肌の乾燥対策のために保湿に使用しているクリームや美容オイルをマッサージクリームとして使用することもあります。
クレンジングが終わった肌と手から水分を軽くふき取ったら少し多めにクリームや美容オイルを手に取り温めてから優しく肌のマッサージを行っています。
クリームやオイルの成分が肌に浸透するので肌が柔らかく保湿されていくので本来の使い方ではないですが乾燥肌の方にはお勧めの美容法です。
マッサージ後は洗顔するのでべたつきも残らず保湿された柔らかい肌になるので週に数回お風呂の時間に余裕があるときには行っています。
通常の使い方ではない美容法でも自分の肌に効果がある方法は取り入れていくことで少しでも自信が持てる肌になれたらよいと思っています。
参考サイト→すっぴん用スキンケア「あきゅらいず」ですっぴん美人になれました

旅行中の基礎化粧品の持ち運び

私は旅行が好きで、国内外問わず様々な所を訪れてきました&いきます。
しかし性格が大雑把でずぼらなこともあり、荷造りにはいつも辟易としています。
例えば飛行機、国内線と国際線は機内に持ち込める水分の量の規定が違うので、化粧水を1本無駄にしてしまうという失態もありました。こういった失敗から、とくに水分量の多い基礎化粧品の扱いには工夫をしてきました→旅行化粧品
また旅の荷物は少ないに越したことはないです。よって私が実践したいくつかの方法をご紹介します。まず、長期滞在の旅行の場合。

基礎化粧水をどれぐらい使うのか見当がつかない場合、私は現地で調達します。メジャーなブランドのものなら同じ会社のものは世界中にあります。または、保湿パックを多めに持っていきます。これはかさばらないので(あわよくばフライト中にも出来る)便利だと思います。長い旅は、日に日に荷物が増えるケースもあります。特にこだわりがなく、優先順位も低いとお考えの方は、現地のコスメを試すのも良い機会だと思いますよ。次に短期滞在の場合。
もちろん小瓶に詰めるのも手ですが、とてもコンパクトで良いと思ったのは、コンタクトケースに化粧水と乳液を入れると、両目スペースでちょうど2~3泊分くらいの使用量になります。いつもふたつセットで手元にあることも、便利な点だと思いました。

はじめまして。

ブログはじめました。

綺麗になりたい!自分磨きしたいって思い美容に目覚めちゃいました。

今まではヘアスタイルとかネイルとか外側から綺麗にしようと頑張ってたんですが

本当に綺麗は中身から?と最近は思ってます。

 

そこで、ネットなどで色々検索して好きなサイトをいっぱいみつけました。

良かったもの微妙・・・ってのもあったのですが(笑)

買ってよかった物ややって正解みたいなのがあったら紹介していきたいと思います♪