旅行中の基礎化粧品の持ち運び

私は旅行が好きで、国内外問わず様々な所を訪れてきました&いきます。
しかし性格が大雑把でずぼらなこともあり、荷造りにはいつも辟易としています。
例えば飛行機、国内線と国際線は機内に持ち込める水分の量の規定が違うので、化粧水を1本無駄にしてしまうという失態もありました。こういった失敗から、とくに水分量の多い基礎化粧品の扱いには工夫をしてきました→旅行化粧品
また旅の荷物は少ないに越したことはないです。よって私が実践したいくつかの方法をご紹介します。まず、長期滞在の旅行の場合。

基礎化粧水をどれぐらい使うのか見当がつかない場合、私は現地で調達します。メジャーなブランドのものなら同じ会社のものは世界中にあります。または、保湿パックを多めに持っていきます。これはかさばらないので(あわよくばフライト中にも出来る)便利だと思います。長い旅は、日に日に荷物が増えるケースもあります。特にこだわりがなく、優先順位も低いとお考えの方は、現地のコスメを試すのも良い機会だと思いますよ。次に短期滞在の場合。
もちろん小瓶に詰めるのも手ですが、とてもコンパクトで良いと思ったのは、コンタクトケースに化粧水と乳液を入れると、両目スペースでちょうど2~3泊分くらいの使用量になります。いつもふたつセットで手元にあることも、便利な点だと思いました。

ココナッツオイルで保湿

ココナッツオイルをボディークリームの代用してみました。
お風呂に入って身体を洗った後、ココナッツオイルを全身に塗りながらマッサージをします。その後、シャワーでしっかり、洗い流して下さい。
かなり乾燥が気になる方は、お風呂上がりに、そのまま身体に塗っても良いですが、オイルなので少しベタベタするかもしれないので一度お湯で、さっと洗い流すのがオススメです。
ボディークリームも必要ないくらい、しっかり保湿されます。
また、オイルを塗ったままお風呂に浸かるのもお勧めです。香りも甘くてリラックスできます。
また、化粧落としのオイルとしても活用できます。

参考サイトはこちらから→「ココナッツオイル顔

そして、ヘアオイルとして使ってみました
まず、髪を濡らし、その後ココナッツオイルを、たっぷりめに手に取って頭皮をマッサージしながら全体に、なじませていきます。その後、普段通りシャンプー、リンスとするだけで、かなりサラサラになります。また、パサつきが気になる人はココナッツオイルを塗った後、10分から30分ほどおいてから(この際、サランラップなどを巻いても良いかと)、シャンプー、リンスをすれば効果的です。
ただし、シャンプー、リンスをした後にオイルを塗って洗い流さないのは、かなりベタつくので、オススメできません。

日焼け対策

いつ、どんなときでもお化粧は欠かせないですよね。

毎日する化粧ですが、極力朝の忙しい時間に手間をかけるのはもったいないです。そんなとき便利なのが日焼け止めがついた化粧下地。
最近では、日焼け止めがついた化粧下地は一般的にはなっていますが、やはり化粧水・乳液ときてそれから日焼け止めを塗ってから化粧下地をつけると少々面倒に感じます。

場合によっては、コンシーラーを使ってシミやにきびを隠してとなるとさらに化粧する上でやらなければならないことが増えてしまい、だからといってつけないわけにもいかないですよね。なるべく減らせるのであれば減らしたい、そんなときは日焼け止め付きの化粧下地です。

日焼け止めだと、どうしても白浮きしてしまったり、テクスチャーが好みなものを見つけるのが大変ですし、何より容量が多いです。もちろん毎日使う分には消費できるのですが、肌に合わなくて荒れてしまっては意味がないですし、白浮きをカバーしようと化粧が厚くなってしまうのも考えもの。

かといって、日焼け止めを下地の代わりに使うと、うまく肌の色を整えられないため、日焼け止めが付いた化粧下地を使えば一本で済む上に、肌色も整えられ日焼け対策もばっちり。BBクリームと呼ばれるものを使えばもっと時間が短縮され、カバーしたいことを網羅できるので大変重宝しています。
参考サイト→「http://xn--ccspf50-rt4fvpgdsj.tokyo/